嫉妬と自己愛

「負の感情」を制した者だけが生き残れる

中公新書ラクレ

佐藤優

2017年2月28日

中央公論新社

880円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 新書

外交官時代に見聞した「男の嫉妬」、作家として付き合う編集者たちに感じる「自己愛の肥大」。自分自身を制御できない人たちは、やがて周囲と大きな軋轢を起こす。彼らにどう対応すべきか。自分がそうならないためには何をすべきか。小説や、専門家との対論などを通じて、嫉妬と自己愛を読み解く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.98

読みたい

5

未読

1

読書中

2

既読

20

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Qoo

第三部だけは読んで良かった

starstar
star
2.3 2020年02月27日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

嫉妬しない人が増えている。自己愛に満ちた人が増えていると思ったら、自己愛すら持た無い人が、今の若者に多い。 新自由主義がもたらした自己愛すら持た無い若者など、新たな見方に目が開かされた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください