物語批判序説

中公文庫

蓮実重彦

1990年10月1日

中央公論新社

641円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

フローベール「紋切型辞典」の荒唐無稽な未完の装置からプルースト、ロラン・バルトへと、帰属することのない言語装置と技法を解明しつつ、本書自体が「物語」たらんとする知略に満ちた1冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください