昭和幻灯館

中公文庫

久世光彦

1992年8月31日

中央公論新社

963円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひとりだけのスクリーンに映し出す暗い幻影、ひそやかな追憶ー。第二次世界大戦末期に少年期を過ごした著者が、記憶の回廊のなかで反芻する建築、映画、文学など、偏愛してやまない、憂いにみちた昭和文化の陰翳を、透徹した美意識で記す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください