海辺の扉(上巻)

中公文庫

宮本輝

1994年10月31日

中央公論新社

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

愛する息子をあやまって死なせた宇野満典は、相思相愛で結婚した妻に離婚を迫られて承諾し、周囲の状況に押し出されるようにして日本を出た。ギリシャに渡り四年がたとうとしていたその日、聡明なギリシャ人女性エフィーと愛を紡ぐ生活を送る満典に、仕組まれた艱難が襲いかかり、新しい物語が始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください