恋の十和田、死の猪苗代

中公文庫

西村京太郎

1995年5月31日

中央公論新社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ハネムーンで殺された新妻との思い出の地・十和田湖で、刑事西本は亡き妻そっくりの女性みな子に出逢う。しかし彼女は、猪苗代湖からの手紙を残し突然姿を消してしまった。必死の思いでみな子を探す西本。だが彼女は何者かに殺害され、西本も殺人の容疑者として警察の手に…。部下の窮地に捜査を開始した十津川警部は、美しい湖面の下に隠された真相を探るが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください