少女像(ブロンズ)は泣かなかった

中公文庫

内田康夫

1996年10月31日

中央公論新社

555円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

毎朝涙を流す“奇蹟”の少女像。だが、このブロンズ像は持ち主の自殺した朝に限って泣いていなかった…。家政婦の持ち込んだ突拍子もない噂話に、隠された犯罪を見抜く表題作。箱根の霧の中を流れる雅な旋律が結びつけた死者、発見者、犯人の運命を描く「越天楽がきこえる」など、両親を亡くした車椅子の少女千晶と、娘を失った捜査の鬼、河内刑事の心の交流が事件の謎を解く推理四篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください