新選組始末記改版

新選組三部作

中公文庫

子母沢寛

1996年12月18日

中央公論新社

859円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

確かな史実と豊かな巷説を現地踏査によって再構成し、隊士たちのさまざまな運命を鮮烈に描いた不朽の実録。新選組研究の古典として定評のある、子母沢寛作品の原点となった記念作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.33

読みたい

6

未読

10

読書中

0

既読

24

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年11月20日

新選組に興味をもったらまず読むべし、というくらいの古典的著作だけれども、取り扱いに少々困る。どこまでが史実でどこからが創作なのか、そのあたりの線引きが非常に曖昧。とはいえ本書の価値は疑うべくもない。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

新選組に興味をもったらまず読むべし、というくらいの古典的著作だけれども、取り扱いに少々困る。どこまでが史実でどこからが創作なのか、そのあたりの線引きが非常に曖昧。とはいえ本書の価値は疑うべくもない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください