芝居の裏おもて

中公文庫

三田村鳶魚 / 朝倉治彦

1998年3月18日

中央公論新社

691円(税込)

人文・思想・社会 / エンタメ・ゲーム / 文庫

お染久松の心中を考究した「新版歌祭文」、梅川忠兵衛の劇化を描いた「冥途の飛脚」、また「四谷怪談の虚実」や「天一坊」等、芝居成立の背景や事件、関連人物など、実地調査を踏まえ、さまざまな角度から芝居と史実の関係を考証した、鳶魚の定評の研究。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください