青い色の短篇集

中公文庫

片岡義男

1998年7月18日

中央公論新社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

抱いて、名前を呼んで、私を求めて、もっと興奮して、裸になって、私を見ていて…。朝の京都を望む部屋で、三歳年上の姉は、夏川にそう囁いた。-魅力的な姉との甘美で秘やかな出来事を描く『それも姉が教えてくれた』ほか、年上の女との目眩く「恋愛」を映し出す全六篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください