足の向く侭

中公文庫

三田村鳶魚 / 朝倉治彦

1998年12月18日

中央公論新社

838円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

伊賀越仇討でお馴染の旗本、久世三四郎ゆかりの番神堂の跡、白木屋お駒の家、愛宕山の男坂、新島原遊廓など、気ままに東京に残る江戸を探った、名著「足の向く儘」のほか、坂下門外の変の政治的意味を描いた「麹町区宝田町」など15篇を収載。なお表題作は、震災前の江戸・明治の旧観を伝える貴重な記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください