最終戦争論

中公文庫

石原莞爾

2001年9月25日

中央公論新社

607円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

まもなく国家殱滅型の最終戦争が起こり、その後に絶対平和が到来する。太平洋戦争前夜、戦史研究と日蓮信仰から生まれたこの特異な予見は、満州事変を主導し日本の運命を変えた。陸軍の異端児は何を語ろうとしたのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

10

読書中

0

既読

5

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください