革命と傭兵

前進か死か2

中公文庫

柘植久慶

2003年5月31日

中央公論新社

942円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一九五九年、フランス大統領ド=ゴールによって民族自決政策が唱えられ、仏領アルジェリア三百万からなる入植者たちは本国から切り捨てられてしまった。仏政府の裏切りに対し怒りに燃える駐留外人部隊の精鋭たちは、インドシナで活躍したパルミエ大尉こと鷲見友之を中心に、ジャック・マシュ中将を指導者として革命を企図するが…。傭兵たちの熱き戦いが、今、始まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください