余白の愛

中公文庫

小川洋子(小説家)

2004年6月30日

中央公論新社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

耳を病んだわたしの前にある日現れた速記者Y。その特別な指に惹かれたわたしが彼に求めたものは…。記憶の世界と現実の危ういはざまを行き来する。幻想的でロマンティックな長篇。瑞々しさと完成された美をあわせ持つ初期の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

11

未読

6

読書中

0

既読

45

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください