小説のゆくえ

中公文庫

筒井康隆

2006年3月25日

中央公論新社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小説に未来はあるかー。SFからメタフィクションまで、文学表現の可能性を追求し続けながら、残された“未開拓地”を示唆する「現代世界と文学のゆくえ」ほか、断筆宣言後に綴られたエッセイ百篇の集成。永遠の前衛作家が贈る現代文学への熱きエール。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください