聯愁殺

中公文庫

西澤保彦

2010年9月25日

中央公論新社

838円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大晦日の夜。連続無差別殺人事件の唯一の生存者、梢絵を囲んで推理集団“恋謎会”の面々が集まった。四年前、彼女はなぜ襲われたのか。犯人は今どこにいるのか。ミステリ作家や元刑事などのメンバーが、さまざまな推理を繰り広げるが…。ロジックの名手がつきつける衝撃の本格ミステリ、初の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.06

読みたい

9

未読

18

読書中

0

既読

83

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください