贋食物誌

中公文庫

吉行淳之介

2010年11月25日

中央公論新社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

泥鰌はなぜどぜうと書くのか、年越蕎麦はなぜ、うどんではいけないのか。様々な食物を話の枕にして、交友、ギャンブル、回想、男女間の問題などを豊富な人生経験に基づき語りおろす、洒脱なエッセイ集。本文と絶妙な掛け合いをなす、山藤章二のイラスト、一〇一点も収載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください