時鐘館の殺人改訂

中公文庫

今邑彩

2012年5月31日

中央公論新社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

作家、評論家をはじめミステリーマニアの集まる下宿屋・時鐘館。編集者の催促を前に「原稿は一枚も書けていない。勝手ながら『消失』する」との手紙を残し、締め切り直前の老推理作家が姿を消した。翌朝、発見された雪だるまに彼の死体が。マニアたちが展開する華麗でシビアな推理の行方は?(『時鐘館の殺人』)傑作ミステリー短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.1

読みたい

18

未読

8

読書中

0

既読

37

未指定

31

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください