ハング

中公文庫

誉田哲也

2012年9月30日

中央公論新社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(28

starstarstar
star
3.74

読みたい

12

未読

36

読書中

1

既読

326

未指定

290

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

toyo

starstarstarstar
star
4.5 2020年07月20日

面白く読めましたが、救いが無さすぎで読後はなんとも言えない気分です…。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください