五郎治殿御始末改版

中公文庫

浅田次郎

2014年5月31日

中央公論新社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

男の始末とは、そういうものでなければならぬ。決して逃げず、後戻りもせず、能う限りの最善の方法で、すべての始末をつけねばならぬ。幕末維新の激動期、自らの誇りをかけ、千年続いた武士の時代の幕を引いた、侍たちの物語。表題作ほか全六篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.58

読みたい

1

未読

7

読書中

1

既読

29

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください