それを愛とまちがえるから

中公文庫

井上荒野

2016年3月31日

中央公論新社

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ある朝、伽耶は匡にこう告げる。「あなた、恋人がいるでしょう」-結婚十五年、セックスレス。妻と夫の思惑はどうしようもなくすれ違って…。愛しているなら、できるはず?女がいて、男がいて、心ならずも織りなしていく、やるせない大人のコメディ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.7

読みたい

200

未読

5

読書中

0

既読

9

未指定

11

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

井上荒野「それを愛とまちがえるから」

--
0
2019年12月10日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください