法然と親鸞

中公文庫

山折哲雄

2016年5月31日

中央公論新社

880円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

求法のために比叡山にのぼり、やがて市中に降りた法然と親鸞。邂逅後、四十歳の年齢差を超えてともに茨の道を歩みはじめるが、宗教家としての道は大きく分かれていく。両者の師弟関係に焦点を絞り、師資相承とは何か、師弟相克とは何だったかということをテーマに、様々な資料から、その関係性をわかりやすく解き明かす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください