死香探偵

尊き死たちは気高く香る

中公文庫

喜多 喜久

2018年1月23日

中央公論新社

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

特殊清掃員として働く桜庭潤平は、死者の放つ香りを他の匂いに変換する特殊体質になり困っていた。そんな時に出会ったのは、颯爽と白衣を翻し現場に現れたイケメン准教授・風間由人。分析フェチの彼に体質を見抜かれ、強引に助手にスカウトされた潤平は、未解決の殺人現場に連れ出されることになり!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.67

読みたい

24

未読

20

読書中

6

既読

155

未指定

101

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あじこ

starstarstar
star
3.9 2021年01月26日

そこはかとなく漂うブロマンス。 イケメンセレブ准教授と助手の僕(小さくてかわいい女顔で目が大きい、女性アイドルに似ている?!)のコンビです。 主人公の僕が、死臭(作中では死香)を食べ物の匂いに感じてしまうのと、匂いから推理したり、だんだん食べられない食材が増えていく様子が可哀想であり、可愛くもあり…。 所謂探偵である准教授のマイペース加減と無駄を省く科学者然としたところや、僕を割と優先するところは、面白い。 キャラクターがたってました。 推理の方も納得できる落ちのつく短編集で、文章も詠みやすい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください