月曜日は最悪だとみんなは言うけれど

村上春樹翻訳ライブラリー

村上春樹

2006年3月10日

中央公論新社

1,320円(税込)

人文・思想・社会

カーヴァーの創作をめぐる“文学的事件”、ティム・オブライエンのエッセイと短篇、アーヴィングのインタビュー…出会った作家たちとエピソードを交えてつづる訳者覚書きとともに、新聞・雑誌記事からアメリカ文学界を読む。訳者による最新エッセイも収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.2

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください