アジア覇権戦争(5)

C・novels

大石英司

1996年7月31日

中央公論新社

854円(税込)

ライトノベル

中国海兵隊はついに台湾の最前線金門島に強硬上陸、橋頭堡を築いた。増援部隊と物資弾薬を大量に搬送するため中国軍は渡海作戦“F計画”を実行に移す。これを阻止すべく出撃した台湾海軍は、海峡に降り注ぐロケット弾の雨に壊滅的打撃を受け、陸では陸自特殊部隊サイレント・コアの小隊と守備隊の一部が退路を断たれて孤立、中国上陸部隊の猛攻に曝されていた。陸海空で劣勢に陥った台湾政府は、本格的な軍事介入を日本に迫るが…。緊迫の近未来軍事シミュレーション、シリーズ最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください