烈日(下)

ミッドウェー1942

C・novels

横山信義

2004年8月31日

中央公論新社

990円(税込)

ライトノベル

ミッドウェー基地への攻撃に成功するも、米機動部隊の航空攻撃により主力空母「赤城」「加賀」「蒼龍」が被弾し、たちまち劣勢に陥る日本軍。しかし、山口多聞少将の空母「飛龍」は健在だった。「飛龍」の獅子奮迅の活躍と江草隆繁少佐率いる艦爆隊の決死の攻撃により米正規空母を仕留め、戦いの場は遂に水上戦闘へと移るのだった。得意の夜戦に持ち込んだ帝国海軍の怒涛の攻撃を機に壮絶な艦隊決戦の火蓋が切って落とされる。闇夜を切り裂く戦艦たちの咆哮ー横山信義が描くミッドウェー海戦の結末やいかに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください