出雲の銅鐸

発見から解読へ

NHKブックス

佐原真 / 春成秀爾

1997年10月31日

日本放送出版協会

1,232円(税込)

人文・思想・社会

銅鐸三九個が、神々の棲む出雲・加茂岩倉でみつかった。これら史上最多の弥生時代の祭りのカネ=銅鐸は、果たして出雲でつくったのか、それとも近畿でつくったのか。いつ、誰が、何のために埋めたのか。一三年前に発掘された神庭荒神谷の銅剣三五八本との関連はあるのか。古代出雲には、強大な勢力をもつ「王国」「地域国家」があったのか。本書は、銅鐸研究のオーソリティである二人の考古学者が、発見から現在までのプロセスを追い、銅鐸たちの「すがた」と「かたち」を考究しながらさまざまな観点と論点を提起し、青銅器文化の深層に迫る同時進行ドキュメントである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください