群雲に舞う鷹

秋山香乃

2009年10月31日

NHK出版

1,980円(税込)

小説・エッセイ

日露戦争、知られざる傑物第二軍司令官・奥保鞏その苦闘の生涯。佐幕派の小倉藩出身で、耳が不自由な奥は、圧倒的に不利な逆境の中からも、自身のやるべきことを全うし、過去の恨みを超えて小倉人から日本人へと脱皮していく。近代国家誕生という激動の時代に、戦い続けた男の人生を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください