〈香り〉はなぜ脳に効くのか

アロマセラピーと先端医療

NHK出版新書

塩田清二

2012年8月31日

NHK出版

814円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

いい香りを「嗅ぐ」だけで、重度の認知症患者の症状が改善されたり、がんによる疼痛がやわらぐー“香り”の成分は、私たちの脳や体内に、どのように吸収され、作用しているのか。西洋医学では太刀打ちできなかった「治りにくく予防しにくい」疾患の画期的な治療方法として、いま注目されているメディカルアロマセラピーを、嗅覚のメカニズムや最新の臨床例からわかりやすく解き明かす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.2

読みたい

4

未読

3

読書中

2

既読

12

未指定

218

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

塩田清二「<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください