カウントダウン・シティ

Hayakawa pocket mystery books

ベン・H・ウィンタース / 上野元美

2014年11月7日

早川書房

1,760円(税込)

小説・エッセイ / 新書

失踪した夫を捜してくれないかー元刑事のパレスは、知人女性にそう頼まれる。小惑星が地球に衝突して人類が壊滅すると予測されている日まで、あと七十七日。社会が崩壊していくなか、人ひとりを捜し出せる可能性は低い。しかし、できるだけのことをすると約束したパレスは手がかりをたどりはじめる。奇妙な店、学生たちが支配する大学、難民が流れつく海辺…捜索を始めたパレスは、混迷する終末の世界を目にする。『地上最後の刑事』に続き、世界の終わりの探偵行を描いたフィリップ・K・ディック賞受賞作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

前作の「地上最後の刑事」が凄まじく面白かったので続編を。小惑星が地球に激突し人類が滅亡することがすでに確実になっている地球。聖書の影響か欧米ではこういう終末ものがよくある気がする... 自殺する者、カルトに走るもの、やり残したことをしに行く者、もはや地上に秩序の無い状況の中、前作では自殺に見せかけられた殺人事件を解決しようと奔走する刑事の姿が描かれたのだが、本作では滅亡まで90日を切った社会。主人公は刑事ではなくなっている。治安維持以外の警察ファンクションが不要とされて解雇されたためだ。その主人公の元に昔馴染みが行方不明となった夫を探してほしいと依頼してきて、という物語。 P.Kディック賞を受賞しているとおりSFとして極めてよく書けている話であり、前作同様ミステリとしても上質。 三部作の完結編たる次作の翻訳が待ち遠しい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください