竜の太鼓

ハヤカワ文庫

アン・マキャフリイ / 小尾芙佐

1990年2月28日

早川書房

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女人竪琴師メノリの親友ピイマアは、竪琴師ノ工舎一の美声の持ち主。だが、ある日突然、声変わりのために歌うことができなくなってしまった。竪琴師ノ長ロビントンに命じられ、かれは各地から太鼓で送られてくる通信文を聞きとる、太鼓師としての修業を始めた。太鼓の峰での当直中に、ピイマアは重大な通信文を受けとった。ナボル城砦の悪名高いメロン太守が危篤だというのだ。後継者争いが起こるのは必至。ロビントンの密命を受け、ピイマアは竪琴師ノ師補セベルとともにナボルへ潜入することに…。好評〈竪琴師ノ工舎〉三部作の最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください