世界樹の影の都

ハヤカワ文庫

N.K.ジェミシン / 佐田千織

2012年10月31日

早川書房

1,210円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

かつてこの世界は光の神イテンパスと闇の神ナハド、黄昏の女神エネファの“三神”によって創られた。しかし十年前、イテンパスはその罪のために人の身に堕ちた。そして現在、空中都市スカイを支える世界樹の影の街で暮らす盲目の工芸家オリーは、ほぼ不死のはずの子神の死体を発見する。事件はやがて、オリーと彼女の家に居候する謎の男シャイニーを陰謀の渦に巻き込んでゆくー神と人間、力と魔法の新たな姿を描く傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください