影の妖精国で宴【うたげ】をひらいた少女

ハヤカワ文庫

キャサリン・M・ヴァレンテ / 水越真麻

2014年1月10日

早川書房

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

13歳の誕生日、ついに願いがかなって、セプテンバーは半年ぶりに妖精国に戻ることができました。でもそこは、以前とはすっかり雰囲気が違っていました。どうしたことか、人々から影が消えて、魔法も使えなくなっていたのです。この奇怪な事件の黒幕が、新たな支配者ハロウィーンであることを知ったセプテンバーは、影たちと魔法を取り戻すため、上妖精国の地下にある下妖精国へ向かいましたが…待望のシリーズ第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

第二弾

-- 2021年04月26日

本文から。『・・・いつまでも自分を失わず、私を大切にしてくれる仕事を大切にしたいのです。仕事は必ずしもあなたの未来に立ちはだかる困難ではありません。ときとして、仕事は世界からの贈り物です』

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください