消えた少年

ハヤカワ文庫

東直己

1998年6月30日

早川書房

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

学校では問題児扱いだが映画が大好きな中学生、翔一と知り合い意気投合した(俺)。ところが、翔一の親友が惨殺死体で発見され、一緒にいたはずの彼も行方不明となってしまった。変質者による誘拐か?暴力団がらみなのか?それとも、学校をも巻きこんだ障害者施設反対運動に関係があるのか?担任の教師、春子に翔一の捜索を依頼された(俺)は、彼の姿を探してススキノを疾走する!新感覚ハードボイルド長篇第三作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstarstar
star
4.24

読みたい

3

未読

12

読書中

1

既読

68

未指定

85

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

NOB

「俺」と高田って同い年だったのか

starstarstarstar
star
4.5 2024年01月06日

結構衝撃ですね、「俺」と高田が同い年だったとは… 完全に脳内で大泉洋と松田龍平で再生されているので、「俺」がそんなに若いとは想っていなかった。 今作は行方不明の少年を探すストーリー。あとがきで作者も書いていたワイズクラック(減らず口)は「俺」の会話の随所にちりばめられ、このシリーズの特徴になっています。作者が気に入っていることがよくわかります。この会話がないとススキノ探偵シリーズじゃないですよね。 話の進みかたも面白く、最後までどういう落ちヲチつけるのか予想できずに楽しめました。 しかしまぁ、ろくでもない事件ですね…そして富美子の暴れっぷりが…想像しながら恐怖を感じていました。 とりあえずなんとかハッピーエンドのようで、次回作もド楽しみですね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください