マルドゥック・ヴェロシティ(3)

ハヤカワ文庫

冲方丁

2006年11月30日

早川書房

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ギャングの世代間抗争に端を発した拷問殺人の背後には、闇の軍属カトル・カールの存在があった。ボイルドらの熾烈な戦いと捜査により保護拘束されたナタリアの証言が明らかにしたのは、労組対立を利用して権力拡大を狙うオクトーバー一族の影だった。ついに牙を剥いた都市システムにより、一人また一人と命を落としていく09メンバーたち。そしてボイルドもまた、大いなる虚無へと加速しつつあったー暗黒と失墜の完結篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

18

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください