天冥の標(1 〔上〕)

ハヤカワ文庫

小川一水

2009年9月30日

早川書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていた。しかし臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に、植民地全域に配電制限などの弾圧を加えつつあった。そんな状況下、セナーセー市の医師カドムは、“海の一統”のアクリラから緊急の要請を受ける。街に謎の疫病が蔓延しているというのだが…小川一水が満を持して放つ全10巻の新シリーズ開幕篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.8

読みたい

19

未読

17

読書中

0

既読

47

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

10年ぶりに私を読書に引き込んだ作品

starstarstar
star
3.9 2017年04月22日

中学以来、読書には疎遠になり 10年後、何気なく書店で長編が読みたくなり、その綺麗な表紙に魅せられた作品 難しい単語も多いが、会話も多く読みやすい 特にキャラクターは個性的で、私はその中でも美しい少年アクリラの虜にすぐなってしまった またイサリには不思議な魅力を感じた(イサリの虜になるのはもっと後の話) まだ、この時は知らないが自然と小川氏の世界に引き込まれた、そんな開幕篇である

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください