最後にして最初のアイドル

ハヤカワ文庫JA

草野 原々

2018年1月24日

早川書房

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“バイバイ、地球ーここでアイドル活動できて楽しかったよ。”SFコンテスト史上初の特別賞&42年ぶりにデビュー作で星雲賞を受賞した実存主義的ワイドスクリーン百合バロックプロレタリアートアイドルハードSFの表題作をはじめ、ガチャが得意なフレンズたちが宇宙創世の真理へ驀進する「エヴォリューションがーるず」、書き下ろしの声優スペースオペラ「暗黒声優」の3篇を収録する、驚天動地の草野原々1st作品集!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar 4

読みたい

28

未読

18

読書中

0

既読

43

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

青海一瑚

限定的

-- 2021年05月15日

正直なにが面白いのか、自分には理解ができない。読書人生の中で最後まで読めずに投げたのは、これが僅かに2冊目ってくらいの酷さ。SF的な道具立てってそれっぽく見えてれば、ありえなくてもいいんだけど、この作品の設定はどうにも入り込めない。かなり読者を選ぶ作品だと思う。現実世界でアイドルが好きな人は、間違っても読んではいけない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください