星を墜とすボクに降る、ましろの雨

ハヤカワ文庫JA

藍内 友紀

2018年1月24日

早川書房

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ボクたちは、星を墜とす機械だ。人間にはなりたくない。でも…」人造の眼球と巨砲“トニトゥルス”で、地球圏に迫る星々を軌道庭園から撃ち墜とす役目を担う、造られた子どもたちが居た。その一人である霧原は、寡黙な担当整備工の神条に心惹かれる。しかし、彼の元妻を名乗るハヤトが突然現れ、空前の規模の流星群が飛来する中で、彼女は自身の無慈悲な宿命を知るー。強く儚い防人の少女がそれでも抗い叫ぶ、小さな恋の唄。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.15

読みたい

24

未読

8

読書中

0

既読

8

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください