ミューテイション

突然変異

ハヤカワ文庫

ロビン・クック / 林克己

1990年8月31日

早川書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

医師ヴィクター・フランクは、代理母が自分の次男を出産するさまを不安に駆られて見守っていた。生まれたのは美しい赤ん坊で、妻マーシャにもひた隠しにした恐ろしい秘密を抱えていたヴィクターは胸をなでおろした。10年後、次男VJは早熟な天才児に成長していた。だが、長男と乳母はあいついで肝臓癌で死亡しており、乳母はなぜか死の直前にVJを「悪魔の子、人殺し」と罵っていた。そして児童精神科医であるマーシャは、わが子VJに何か異常なものを感じはじめていた…。バイオテクノロジーをテーマに第一人者が放つ、最新医学スリラー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください