ニワトリの歯(上)

進化論の新地平

ハヤカワ文庫

スティーヴン・ジェー・グールド / 渡辺政隆

1997年11月30日

早川書房

748円(税込)

科学・技術 / 文庫

チョウチンアンコウの雄はなぜ雌のわずか10分の1の大きさしかないのか。6000万年前に失われたニワトリの歯がどうして再生できるのか。車輪を持つ生物がいないのはなぜか。ハイエナが雌雄同体であるというのは本当か?…進化学者グールドの綴る文章は、このように具体的な生物・事物にこだわる時が最もおもしろい。興味深い事例を満載して、専門家から一般読者までの幅広い支持を受ける好評科学エッセイシリーズ第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください