黄金比はすべてを美しくするか?

最も謎めいた「比率」をめぐる数学物語

ハヤカワ文庫

マリオ・リヴィオ / 斉藤隆央

2012年1月31日

早川書房

924円(税込)

科学・技術 / 文庫

無限小数を用いた1:1.618…は、最も美しい比率「黄金比」と呼ばれ、古代からさまざまな芸術作品に用いられてきた、とされる。この比率は、古くから数学者たちの注目を集め、幾何学の基礎を作ったユークリッドまでさかのぼる歴史を持つ。オウムガイの殻のでき方やヒマワリの種の配列のような自然の事物、音楽や文学、はては株価推移のグラフをも支配するという、この神出鬼没の黄金比の魅力と真実に迫る、決定版数学読本。国際ピタゴラス賞及びペアノ賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

12

読書中

8

既読

3

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください