おそらくは夢を

ハヤカワ・ミステリ文庫

ロバート・B.パーカー / 石田善彦

2007年1月31日

早川書房

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私立探偵のフィリップ・マーロウは、スターンウッド家の執事ノリスからの失踪人捜索の依頼を受けて、その邸を再び訪れる。当主であった将軍はすでに亡く、長女ヴィヴィアンは妹のカーメンをサナトリウムに入院させていたが、精神を病んでいる彼女が突然に姿を消したのだ。だが、行方を追い始めたマーロウの前に、巨大な権力が立ちはだかる。ハードボイルドの巨匠が贈る、レイモンド・チャンドラー『大いなる眠り』の続篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

1

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください