そして誰もいなくなった

ハヤカワ文庫

アガサ・クリスティ / 清水俊二

2003年10月15日

早川書房

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と…ミステリの女王の最高傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstarstar
star
4.31

読みたい

16

未読

21

読書中

4

既読

148

未指定

118

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ミステリー大好きっ子さん

(無題)

starstarstar 3.0 2023年09月30日

数十年前に書かれたとは思えないくらい、楽しめて読めた。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2023年02月08日

特番のドラマで先に内容知ってたから読めた感じ。 ドラマで見た分には名作だというのは分かった。 やっぱりカタカナの名前は頭に入ってこないなぁ。さらに登場人物多くて、もう誰が誰やら…… 折り返しに登場人物の説明付いてて良かった(笑)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください