無実はさいなむ

ハヤカワ文庫

アガサ・クリスティ / 小笠原豊樹

2004年7月15日

早川書房

990円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慈善家の老婦人が殺され、評判の悪い養子のジャッコが逮捕された。彼はアリバイを主張したものの有罪となり、獄中で死んだ。それから二年後、外国から帰ってきた男が、ジャッコの冤罪を告げに遺族の住む屋敷を訪れた。が、その来訪は遺族にとって迷惑だった。落着したはずの事件が蒸し返されることになったのだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.85

読みたい

7

未読

3

読書中

0

既読

18

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

探偵不在

starstar
star
2.7 2020年04月08日

無実はさいなむは、クリスティのお気に入りの十冊の一冊にはいっている作品です。ですが他の有名作品に比べ、トリックは大層なものじゃないです。たくさん読んでる人なら拍子抜けします。一番どーだろって思ったのは、探偵役が不在!!誰がきちんとピースをはめて推理するの?と疑問が、探偵っぽい人は数名いるんですけどね、途中でどこか行ったりそもそもいなくなったりするもんだから、1から10まで観察できてる人がいない( •̀ㅁ•́;)最後はちゃんと収まるとこに収まるんですが、ページ数の問題か時間がないのか、こじつけた感が否めず。でも人間の心理を強さ弱さを素晴らしい描写で描かれています。こんなにも繊細な心の揺らめきまで丁寧に描かれていて感動。トリックを差し引いてもやはり#ミステリーの女王 拍手です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください