無実はさいなむ

ハヤカワ文庫

アガサ・クリスティ / 小笠原豊樹

2004年7月15日

早川書房

990円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慈善家の老婦人が殺され、評判の悪い養子のジャッコが逮捕された。彼はアリバイを主張したものの有罪となり、獄中で死んだ。それから二年後、外国から帰ってきた男が、ジャッコの冤罪を告げに遺族の住む屋敷を訪れた。が、その来訪は遺族にとって迷惑だった。落着したはずの事件が蒸し返されることになったのだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

7

未読

3

読書中

0

既読

15

未指定

10

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください