解錠師

ハヤカワ・ミステリ文庫

スティーヴ・ハミルトン / 越前敏弥

2012年12月31日

早川書房

1,034円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くこと、そしてどんな錠も開くことが出来る才能だ。孤独な彼は錠前を友に成長する。やがて高校生となったある日、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり、芸術的腕前を持つ解錠師に…非情な犯罪の世界に生きる少年の光と影を描き、MWA賞最優秀長篇賞、CWA賞スティール・ダガー賞など世界のミステリ賞を獲得した話題作。このミステリーがすごい!2013年版海外編。2012年週刊文春ミステリーベスト10海外部門第1位。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.54

読みたい

10

未読

15

読書中

2

既読

248

未指定

61

書店員レビュー
0

みんなのレビュー (2)

Tngt1

starstar
star
2.6 2019年10月04日

帯買いしましたが

前評判ほどではなかったです。翻訳の問題かもしれません。

全部を表示

とも

starstarstar
star
3.6 2018年01月27日

(無題)

The lock artist。どんな鍵も芸術のような手業で開けてしまう金庫破りの物語です。ところが、主人公のマイクは収監中の身です。そのマイクの回想という形で物語は進行していきます。しかも物語は断片的に語られるため、彼が口を利かなくなったのはなぜか、また、なぜ彼はいま獄中にいるのか、この二つの謎をずうっと引きずりながらお話が展開されます。ひとりの孤独で繊細な少年が、残酷な運命に翻弄されながらも、あるべき自分を見出してゆく姿を、鮮やかに描き出しています。 主人公マイクは、8歳の時の出来事から言葉を失ってしまい、それから一度も話していません。そんなマイクには2つの才能がありました。1つは絵を書くこと、そしてもう1つはどんな錠も開くことが出来る才能です。マイクは歳を重ねるごとに才能が様々な出来事により開花し、やがて芸術的腕前を持つ解錠師になります。 この小説は、ただの犯罪物語でもミステリー小説でもありません。青春物語と恋愛物語も同時進行しているのです。ヒロインのアメリア、マイクはこのアメリアのためにどんどん事件に巻き込まれるのです。そして、言葉のない彼らの絵を通してのコミニュケーションには、純粋な美しさが漂います。 もう一つ、この小説を面白くしているのが「解錠シーン」です。指先の感覚だけでが頼りです。その模写は主人公の心情なども含めてとてもスリリングで迫力に満ちています。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください