密約の地

Hayakawa novels

ジャック・ヒギンズ / 黒原敏行

1996年3月15日

早川書房

1,922円(税込)

小説・エッセイ

1944年、重慶。毛沢東とチャーチルの間にかわされる重大な密約書を携えた陸軍少佐キャンベルを乗せ、ダコタは飛び立った。共産軍への英軍の協力の見返りとして、1997年までの香港の租借期限を百年延長する、というのだ。ところが、ダコタは撃墜されて炎上、密約書は行方不明となった。時は流れ、香港返還を目前にして、マフィアが「重慶密約」の存在を知った。香港に多額の資本を投下している組織にとって、返還が延びるのは願ってもないことだ。くだんの密約書は、キャンベルの故郷スコットランドの一族の城に埋もれているらしい。マフィアはドンの姪の息子で実業家のモーガンを、捜索のため城に送りこんだ。一方、その動きをつかんだ英情報機関グループ・フォアの長ファーガスンは、自らスコットランドへ赴く。そして、モーガンの義理の娘アスタに元IRAテロリストのショーン・ディロンを接近させた。やがて、二人の間には危険な火花が散りはじめる…。誇り高きハイランドの地に繰り広げられる、会心の冒険サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください