兄弟の血

マイケル・C.ホワイト / 岩瀬孝雄

1997年10月1日

文藝春秋

2,723円(税込)

小説・エッセイ

1997年アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀処女長編賞ノミネート。雪と氷に閉ざされた美しい森に戦争の怨念が赤々と燃え上がる、そしてまた、もうひとりの犠牲者が!あの戦いの癒されぬ傷ゆえに…。1991年、ドイツからひとりの老人が極寒のメイン州グレイト・ノースウッズを訪れる。第二次世界大戦中、そこにはドイツ兵の捕虜収容所があった。老人は、46年前、その収容所から脱走をはかって事故死したとされる弟の最期に疑問を抱き、その真相をさぐるためにやって来たのだ。だが、それが人々の封印された記憶の扉を開き、新たな事件を呼び起こそうとは、知る由もなかった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください