震えるメス

医師会の闇

伊野上裕伸

2002年8月10日

文藝春秋

2,042円(税込)

小説・エッセイ

深夜の救急病院、若手医師の懸命の治療は事務長の判断で止められる。最新機器のリース代を稼ぐために不要な検査を続ける院長。国の決まりによって制限される治療方法、レセプトをめぐる損害保険会社との暗闘…。この国の医療ははたして誰のためのものなのか。損保調査員として長年現場にいた著者にしか描けない問題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください