鳥居の赤兵衛

宝引の辰捕者帳

泡坂妻夫

2004年8月10日

文藝春秋

1,571円(税込)

小説・エッセイ

江戸の人々の楽しみは、芝居に花見、そして読本。中でも『鳥居の赤兵衛』は大盗賊の活躍を描いた手書きの貸本屋限定・十巻もので、滅法面白いと評判だ。そんな時、貸本屋が急死。続きが読みたい読者は貸本屋に駆けつけたが、なぜか回収されたはずのこの本だけが消えていた-表題作の他に七篇、風変りな事件の謎を辰親分があざやかに解く。「宝引の辰 捕者帳」シリーズ待望の最新刊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください