シリウスの道

藤原伊織

2005年6月30日

文藝春秋

1,885円(税込)

小説・エッセイ

東京の大手広告代理店の営業部副部長・辰村祐介は子供のころ大阪で育ち、明子、勝哉という二人の幼馴染がいた。この三人の間には、決して人には言えない、ある秘密があった。それは…。月日は流れ、三人は連絡をとりあうこともなく、別々の人生を歩んできた。しかし、今になって明子のもとに何者からか、あの秘密をもとにした脅迫状が届く!いったい誰の仕業なのか?離ればなれになった3人が25年前の「秘密」に操られ、吸い寄せられるように、運命の渦に巻き込まれるー。著者が知悉する広告業界の内幕を描きつつ展開する待望の最新長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.56

読みたい

7

未読

2

読書中

1

既読

27

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

もこりゅう

多くの人々が、自分ではない、誰かの影響で喜んだり怒ったり哀しんだり楽しんだり

starstarstar 3.0 2023年10月23日

 広告代理店に勤める辰村祐介が突然思い出す、明子、勝哉という二人の幼馴染と過ごした遠い過去、そしてある出来事。25年のときを超えて、離れ離れになった3人の再開を促す事件の真相は。  多くの人々が、自分ではない、誰かの影響で喜んだり怒ったり哀しんだり楽しんだり。広告業界の内幕を描きつつ、人の連なりを描いた作品。  シリウスってのは、おっきい星とちーさい星の連星。連星ってことは互いの重力によって結びついているわけで、人も質量があるわけで、重力を持っていて互いに結びついているわけで。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください