本朝金瓶梅 お伊勢篇

林 真理子

2007年11月15日

文藝春秋

1,445円(税込)

小説・エッセイ

西門屋慶左衛門は江戸で評判の女好き。姦婦おきんを妾にしたものの飽き足らず、今度は人妻お六と深い仲に。だがお六のあまりの毒婦ぶりにさすがの慶左衛門も怖気づき、とうとう自慢のものが役に立たなくなってしまう。困った慶左衛門、噂の強壮剤を手に入れるため、お伊勢参りにかこつけて女ふたりと旅に出ることに…。色と欲にまみれた男とふたりの情婦の旅路には、いかなる色ごとが待ちかまえているのやらー男女のあのコトを描きつくす、圧巻の官能時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください